尾行

c0129498_1753216.jpg
       
かんぱ〜い♪



姪っ子が電車で二駅離れた所にある眼科に通うことになりました。
うちからは一駅、momoの駅、私の駅、眼科の駅、の順。

私は途中から乗ってくることにして、眼科のある駅で待ち合わせです。




c0129498_1772532.jpg
 店主の自称「ビアガーデン」にて。
ただの箱庭のような裏庭だけどなぜか落ち着く。



先週、初めての通院。
やっぱり心配で彼女たちが乗る駅まで様子を見に行きました。

家を出ると電話がかかってきてから、18分。
10分くらいで着くはずなのに何やってるんだろう、、、
もしかしてもう行ってしまった?

とか色々心配しながら、
駅前の建物の二階から来るはずの方向を見張っていると、、、

やって来ました!
なんかちょっとふざけた感じ。
え?橋の上で止まるの??
下を覗き込んで、何見てるんだろう、、、
ぎゃっ!何か投げ捨てた!!

思わず、一人なのに、ぎゃっ!とか言ってしまった。

え?走り出した?
ちょっと待ってー、間に合わんやん!
こそこそと違う道から駅に向かい、改札をくぐったのを見届け私も後を追う。

ホームでも落ち着きのないはっちゃん。
自販機の陰から、閻魔帳をつけ続ける私(鬼オバ)。
不意に目が合った気がしたけど、隙間は狭いし、
こちらからは見えても、あちらからは見えないはず、、、
と思ったら。



              
c0129498_1754728.jpg


「あ!やっぱしいいーやんっ!momoーーっ!いいがおったよーー!!」

もう足下にいました(笑)

すんごく意外だったのは、はっちゃんはふざけるとしても、
momoはもっと緊張して、はっちゃんを制止していると思っていた。
しかも初めての二人での冒険のような旅なので、
手を繋いで神妙に歩いてくるとばかり思っていたのに。
二人して似たものだったなー。。。ふっ。。。




c0129498_17285567.jpg
 軟骨のトロトロ煮。
momoが好きだろうと連れて来たけど、もう豚足にも以前ほど興味ないらしい。
やっぱりおばちゃん一人で来よう(笑)
大好きなお店、豚屋さんです。

   

そして昨日、二回目の通院。
直前までけんかしていた二人、小学校に入ってからけんか度合いも質も激しくなりました。
はっちゃんは絶対momoとは行かん!momoもはっちゃんとは行きたくない、とのこと。
まあそれならそれでいいけど、はっちゃんはきっとぎりぎりで行くって言うと思うから、
その時は嫌とか言って置き去りにしないでね、と言ったけど、まさにその通りに。
ちゃんと二人で現れました。
今回はめちゃ早い!
ずっと小走りで来た模様(笑)

前回とは違う立ち位置で観察。
はっちゃんは前回私がいた所辺りを気にしている様子。
ふっふっふ、まだまだ青いのぉ〜(笑)
そして電車が来たらちゃんと乗って、大人しくしている。

次の駅で急行待ちだったので、momoは少し不安になったのか、
何度も駅の名前を確かめているみたい。
降りたらどうしようとはらはらしたけど、大丈夫でした。

目的の駅でちゃんと降りた二人。
待ち合わせ場所で会うと、とっても嬉しそうでした。
やはり心細かったのかな。
その後はずっと(べとべとな)手を繋いできました。
なぜべとべとかって?何ででしょうねー(笑)
眼科に着いて綺麗に洗わせてもらいました。

眼科に行くのは嫌なはずのはっちゃん。
お目当ては、本。
すんごい本の虫のふたり。はっちゃんは特に本好き。
眼科でも一度に5冊以上読んでいるみたい。
ということは読んでない本がなくなったらついて来なくなる??







c0129498_17240100.jpg
ほんとこの人には怒らせられることも多いけど、
爆笑させられることも多々。

先日は参観日の振替休日、お天気だったので公園へ行きました。
しかしお天気、どころではない、猛暑の日。

あまりの暑さにmomoもすぐに遊ばなくなり、はっちゃんもちょっとぐたー。
こりゃいかんと思い、アイス食べよう、と誘い出し、帰ることに。

途中お気に入りの洋服屋さんを覗いてみたくなり寄り道したら、
やっぱりじっとしていない二人。
ふと気がつくと、二階から声が、、、

「わ〜れ〜わ〜れ〜は〜うちゅ〜じん〜です〜」

Σ( ̄ロ ̄|||) 





c0129498_17283110.jpg
床置きの扇風機が回っていて、その前に座り込み、
震える声で、われわれはうちゅうじん、を繰り返している。
不幸なことに、その扇風機はロフトのように作られた二階から一階を見下ろす位置に置いてある。
ということはスピーカーのように一階に響き渡っている!!!

げっっっっ!!!!
とは思ったものの、おかしくて笑いが止まらない。
二階に駆け上がり、やめなさーい!と言うものの、だめだ、笑ってしまった。
これでもう彼の思うつぼ。がっくし。

ま、人の子だと思うから頭に来る訳だけど、
宇宙人なら腹も立たない。
そうだ、彼らは宇宙人だ、と思うことにしよう。
[PR]

by coo-coos | 2010-06-01 17:48 | diary

『マッピー』用ボーダー

<< 鰻のせいろ蒸しin柳川 ネックレス >>