我が家のおせち

c0129498_13443692.jpg
旅行から帰ってきて、相方の実家で過ごした後は、自分の実家でのおせち作り。
・・・って明けてから準備するのは間違っている気もしますが、
食べないと始まらないので、とりあえず黒豆を仕込んでみました。
このやり方を知って、とても楽ちん、しかも美味しいです。
豆好きのばあちゃんも気に入って、
しかもそんなに簡単に出来るとねー!と驚いていました。

お砂糖は天糖太陽というものを使用、
量もかなり減らしましたが、コクがある気がします。




c0129498_13444922.jpg
何がなくとも、雑煮とがめ煮! 
がめ煮はよその地域では筑前煮、ですね。

本当は一緒くたに煮込んだのが好きなんだけど、
里芋と人参は別に煮てみました。
でも良かった、里芋が柔らかくて溶けました・・・
最後にさっと合わせたけど、見た目もいまいち。




c0129498_1345421.jpg
ばあちゃん作のなますと数の子、
実家の工事の後でどこに何があるかわからんかった、と
薄口でなく普通の醤油で味付けしてるから
真っ黒な数の子(笑)美味しかったけど。

あとはスペアリブと、、、




c0129498_13451537.jpg
鮎と海老の塩焼き。

なんと、鮎に塩振るの忘れていたので、
鮎の素焼きでございます〜とお出ししました! 爆




c0129498_13452555.jpg
そして博多雑煮。

丸餅(焼き、元々博多では茹で餅のようですが)
塩ブリ、鶏、
椎茸、人参、カツオ菜、
蒲鉾、
そして海老。

出汁は焼きあご(トビウオのこと)、カツオ節、昆布。

今年は今までになく一番丁寧に、全部違う出汁で煮て、最後に合わせたのに、
みんなは、全部一緒にぶち込んだのがやっぱり美味しいよね〜、というご意見。
はい、来年からは遠慮無くそうさせてもらいます!
でも確かに今年のはこくがなかった。
またカツオ菜があるうちに作りましょう。

去年の海老なし寂しい雑煮





翌日は残り物を持って帰り、
c0129498_1417854.jpg
二人でのんびり正月気分。
味噌に漬ける暇がなかったので、豚肉を照り焼きのように
仕上げに味噌だれをからめてみたら、意外に中まで味がしみて、美味しい。
これだけでご飯いくらでもいけそう。
束の間の休肝日でした!
[PR]

by coo-coos | 2009-01-06 14:26 | cooking

『マッピー』用ボーダー

<< まだまだ寒いけど 今年もよろしくお願いします。 >>